バイト探しで大事なのは、応募先に対して失礼のない態度で臨むこと。そこで気になるのが「他の応募先への活動も同時にしていいのかどうか」という問題。一般的には「問題なし」といわれています。採用してもらえるかどうかわからないのに採用・不採用が決まるまで動けないと、なかなかバイト先が見つからないという状況に陥ってしまいます。ただし、最低限のマナーは必要。気を付けたいポイントについてご紹介します。

辞退連絡が遅くならないようにする



複数のバイト先に応募するということは、運良く採用が重なった場合に一つに絞り、他は辞退しなければならないという状況が発生するということです。「面接結果で採用と決まったのに、いつまでも回答をしない」ということのないようにしましょう。

そのためには、複数応募をするときになるべく面接時期を近く設定しておくことが必要です。面接の時期に違いがあればあるほど、採用・不採用連絡のタイミングもずれることになります。バイト先によって面接から連絡が来るまでの期間にも差があるので、面接のタイミングだけでもなるべく近く設定しておくことが大切となります。

複数応募の事実を伝えても大丈夫?



バイト面接で他の会社にも応募しているかどうか聞かれた場合は、正直に答えて問題ないです。誠実に対応しましょう。採用・不採用がわからないバイトにおいて複数応募はよくあることと採用担当者が理解していることも多いですが、他社が第一希望であるという内容の回答は失礼になります。

また、聞かれてもいないのに「他社も応募しています」とわざわざ言う必要はありません。余計なことは言わないようにしましょう。他社応募もしていると伝えた場合において、どこでもいいと思っているというニュアンスではなく、その中でも「なぜこのバイト先がいいのか」を志望動機としてしっかり伝えると印象が良くなります。

どの応募先に対しても失礼のないように



例えば最初に受けたバイト先での採用が無事決まったからといって、予定を入れていた他社の面接に連絡しないまま行かないといった失礼なことはしないようにしましょう。誠実にキャンセルの連絡を入れることが大切です。

また、複数応募に問題はないものの、あまりにも多く応募してしまい面接時間の管理や連絡が来たときの対応がきちんとできなくなってしまっては問題です。どの応募先からの連絡なのかしっかり管理できるようメモしておくようにしましょう。

勤務条件の違いも混同することのないようにメモしておくと勘違いトラブルを防ぐことができます。自分で管理できる数だけの複数応募にしたいところですね。

まとめ


バイト探しのときの複数応募に関する注意点をお伝えしました。どの会社に対しても失礼のないように、管理できる数を考えて計画を立てると良いですね。誠実に対応することで、気持ち良くバイト先を見つけることができるかもしれません。


関連するワード