女性が多い職場は「良いところがいろいろありそうだけど、その逆もあるかも?」と気になっている人はいますよね。>もちろん性別だけですべてが決まるわけではありませんが、特徴や注意点があるなら知っておきたいところ。


この記事では、女性が多い職場のメリット、向き・不向きについて解説していきます。

働く際の注意点も紹介するので、女性が多い業界・職種を考えている人はぜひ参考にしてください。


女性が多い職場で働くメリット



女性が多い職場の働きやすさとはどんなところなのでしょうか。まずは、メリットを紹介します。


■ 生理痛などの体調不良に共感をしてもらいやすい

女性が多い職場のメリットの1つは、女性特有の体調不良に共感・理解をしてもらいやすいことです。男性が多い職場だと生理痛などの悩みは、なかなか相談しにくいもの。


体調が良くないことを伝えることで、別室で休ませてもらえたり温かい飲み物を用意してもらえたりするかもしれません。

体調不良は誰にでも起こり得ることなので、いざというときに相談できる環境があるのは安心です。


■ 産休や育児休暇などの体制が整っている可能性が高い

2つ目のメリットは、産休や育児休暇などの体制がしっかりしている可能性が高いことです。

昨今妊娠や出産に関する理解は高まっているものの、現時点ではすべての職場がそうではありません。

産休や育児休暇、時短勤務などの制度があっても、実際は使いづらいというケースもあります。


女性が多い職場では、人材の確保や長く働きやすい環境づくりのために妊娠や子育てに関する体制が整っている傾向があります。

そのような職場なら、妊娠中の体調不良や子どもの急な発熱の際にも理解をしてもらいやすいでしょう。

また、同僚に出産や育児の経験者がいれば、体験したからこそのアドバイスをもらえるかもしれません。


■ スタッフ同士、仲良くなりやすい

職場に女性が多いとスタッフ同士が仲良くなりやすいという良さもあります。

もちろん、性別ではなく個人にもよるので一概には言えませんが、やはり同性同士の方が打ち解けやすい傾向にあります。

前述したように、体の悩みも相談しやすいですし、女性ならではのコミュニケーションの取り方ができます。

「異性の目を気にせずリラックスして働ける」と感じる人もいるでしょう。


職場に話がしやすい人が複数人いると、それだけで仕事のストレスは緩和されます。




女性が多い職場の向き・不向き


女性が多い職場が働きやすいと感じるかどうかは、人によって異なります。

たとえば、女子高出身者など女性のみの環境に慣れていて居心地が悪いと感じなかった人は、女性が多い職場でも問題なく働けるでしょう。

逆に、女性ばかりの環境に居心地の悪さを感じる人には不向きかもしれません。


また、女性は男性と比べ感情や協調性を大切にする傾向があるため、共感力の高い人やグループでの行動が好きな人も女性が多い職場に向いています。


ただし、女性の中にもさまざまな人がいるため一概に向き・不向きを決めることはできません。相手との相性や職場の雰囲気も関係してくるので、あくまで参考程度にしてくださいね。


女性が多い職場で働く際の注意点


女性が多い職場で気持ちよく働くには、女性同士特有のトラブルに巻きこまれないように注意することが大切です。具体的には以下の点に注意しましょう。


● 陰口や噂話などは深く聞かない
● 中立の立場を心がける
● 明るい表情を心がける
● 自分の仕事をきちんとこなす


陰口や噂話に参加したり派閥に属したりすると人間関係のトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるため、なるべく関わらず中立の立場を心がけましょう。

賛同も否定もせずフラットなスタンスでいるのがベターです。


また、人の表情や行動から感情を読み取ることが得意な女性も多いので、普段から感じの良い言動を心がけることも大切です。

口角を上げる意識でなるべく明るい表情で過ごし、自分の仕事をきちんとこなしていれば居心地の悪さを感じずに済むはずです。


まとめ


女性が多い職場が働きやすいかどうかは一概に言えません。

大切なのは向き・不向きを把握した上で職場を選択することです。

また、女性の特徴を意識して行動することで良好な人間関係につながります。


本記事でご紹介した特徴注意点を参考にして、ぜひ自分に合う職場を探してみてください。



2022年9月26日公開



<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。



関連するワード