「ふりがなをふるのはどこまで?」「引っ越す場合は?」「マンション名は省略してもいい?」など、履歴書の住所欄にどう記入すべきか迷うことがないでしょうか?


この記事では、履歴書の住所欄の正式な書き方について解説します。

よくある疑問にもお答えするので、最後まで読めば迷わずに住所欄を書けるようになるはずです。



履歴書の住所欄の基本的な書き方



まずは基本的な書き方を押さえていきましょう。間違えがちな番地やふりがなについても解説します。


■ 現住所は都道府県名から記載

現住所は必ず都道府県名から記載します。

応募先企業が同じ県内・市内でも省略しないように気をつけてください。


読みやすくするために、適宜スペースを入れるようにしましょう。


■ 番地はハイフン?漢字?

番地はハイフンでも漢字でも問題ありません。

ただし、「1-1-1」よりも「1丁目1番地1号」のほうが丁寧な印象になります。


また、漢数字の「一(イチ)」と「-(ハイフン)」が紛らわしいため、算用数字を使うようにしましょう!


■ マンション名は省略してもいい?

アパートやマンションに住んでいる場合は、建物名も省略せずに書きましょう。

住所が長い場合も省略はNG!

ビジネス文書では正式な事柄を記載する必要があり、履歴書もビジネス文書にあたります。


なお、途中で改行する場合は、建物名の前で改行すると読みやすくなります。

不安な場合は鉛筆で薄く下書きするなどして、住所欄に見栄えよく収まるようにしましょう。



■ 住所のふりがなは番地まで

ふりがなが必要なのは都道府県・市区町村・建物名です。

以下に静岡県庁の所在地を借りて記載例を紹介します。



このように、建物名に漢字やアルファベットが使われている場合は、建物名にもふりがなを書くようにしてください。

なお、建物名が全てカタカナの場合、ふりがなは不要です。

読みやすくするために、ふりがなには適宜スペースを空けて記載しましょう。


■ 数字は算用数字で!

履歴書は横書き様式が一般的です。

そのため、数字は算用数字を用います。

郵便番号は「100-0001」、番地は前述のとおり「1-1-1」あるいは「1丁目1番地1号」のように記入してください。


なお、漢数字が含まれる建物名はそのまま記載します。

「壱番館」「弐番館」といった旧字体が使われていることもあるので、契約書などで確認して正しく記入するようにしましょう。


■ 連絡先欄には何を書く?

現住所と異なる場所に連絡してほしい場合は連絡先欄を利用します。

例えば、転職活動のために一時的に実家や親戚の家に滞在しているといったケースです。

現住所と連絡先が同じ場合は「同上」と記載すればOKです。


なお、「同上」が使えるのは住所のみで、電話番号やメールアドレスには使用できません。

複数箇所に電話番号やメールアドレスを記載する必要がある場合は、それぞれ相違ないことを確認しましょう。


■ 住所が長い場合ははみ出していい?

アパートやマンションに住んでいると住所が長くなりがちなので、記入に困ることも!

長いからといって住所欄からはみ出して書くのは、ビジネス文書としてNGです。


文字を小さめにして1行に収めるのが理想的ですが、読みにくくなるようなら2行に分けましょう。

その場合は、建物名の前で改行するのがおすすめです。

番地の途中で行が分かれてしまうと読みづらくなるため、番地までを1行目に収めるようにしてください。



履歴書の住所欄でよくあるQ&A


ここでは、応募のタイミングで「引越しの予定がある」「現在住んでいる住所と、住民票の住所が異なる」などの特殊なケースを想定した住所欄の書き方について解説します。


■ 引越しで住所が変わる場合は現住所にどちらを記載すべき?

引越しが決まっている場合、現住所欄には「応募する時点で住んでいる場所」を記載し、連絡先欄には「引越し先の住所」を記載します。

応募先企業がどちらに連絡すればよいのか迷わないよう、連絡先欄に「※2022年8月31日 転居予定です」と具体的な予定を付け加えておきましょう。


なお、固定電話の番号を記載する場合は、応募時点での電話番号を記入してくださいね!


■ 引越し先が決まっていない場合の書き方は?

引越しの時期はある程度決まっているものの、応募の段階で引越し先が決まっていない場合には、連絡先欄に引越し予定があることを記載します。

連絡先欄の住所は「未定」とし、「※2022年8月下旬 転居予定です」と書き添えるようにしましょう。

その後、引越し先が決まった場合は、その旨を応募先企業に連絡します。

電話では聞き間違える可能性があるため、人事部宛てにメールで連絡するのがおすすめです。

メールには以下の内容を盛り込むと、スムーズに伝わります。


 
 ● 応募した職種
 ● 氏名
 ● 旧住所
 ● 新住所
 ● 転居予定日

■ 現住所と住民票が異なる場合はどちらを記載すべき?

住民票の住所は「現住所欄」に、実際に住んでいるところの住所は「連絡先欄」に記載してください。

なお、面接合格後に住民票の提出が求められることがあります。

県外でもマイナンバーカードがあればコンビニで発行できますが、郵送での取り寄せには1~2週間ほどかかります。

実際に住んでいる場所に今後も住み続ける予定であれば、早めに手続きしておくと何かと便利です。


■ 実家から応募しているが現住所は別にある場合は?

長期休暇での帰省中、短期アルバイトに応募するケースもあるでしょう。

その場合は現住所欄に「実際に住んでいる住所」、連絡先欄に「実家の住所」を記載します。

なお、履歴書を提出した後に帰省する予定がある場合にも、応募先からの連絡や郵便物をスムーズに受け取れるよう、実家の住所を連絡先欄に記入しましょう。

連絡先欄に「※8月10日~25日 帰省予定です」と書き添えておくと、企業側もその間の連絡について配慮してくれます。



住所欄は企業とのやりとりに使用される重要な項目!


書類に住所を記入する機会は日常生活の中でもよくあります。

そのため、履歴書の住所欄も何気なく埋めてしまいがちですが、応募先とのやりとりに使用される重要な情報です。


基本的なマナーを守ることはもちろん、引越しや一時帰省などイレギュラーな場合にも、応募先とスムーズに連絡がとれるよう配慮するようにしましょう。



2022年8月31日公開

<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

関連するワード