長田 侑子さん
林製紙株式会社
営業部 営業事務
●勤続年数/4年
●事業内容/トイレットペーパーの製造および販売
●所在地/富士市比奈626
●従業員数/30名(女性14名)

ジャンル問わず、
映画が大好きで
休日は
映画鑑賞して過ごす。

ウエディング用に
大好きな熊を
デザインに起用し
商品化となった
トイレットペーパー

女性目線のトイレットペーパーを提案したい

長田さんのお仕事内容をお聞かせください。

トイレットペーパーの出荷業務や通販対応がメインの業務となりますが、販促やイベント用のオリジナルトイレットペーパーの取扱いが多いため、お客様の要望に合わせた包装加工の内職発注や名入れシールの作成なども行います。また、元々デザインが好きなので、包装のデザインもいくつか手がけました。

この仕事の楽しいところと大変なところを教えてください。

写真1

自分がデザインした製品が出荷されるのを見ると、とても嬉しいです。逆に大変だなと思う時は、クリスマスや年末年始のイベントが多い11~12月の出荷業務が集中することです。段取り良くやっていても、残業が続いてしまいます。現在、営業事務4名が担当顧客以外の業務を把握できるようローテーションしています。この機能がうまく働き、年末の繁忙期が緩和できるよう業務改善していきたいです。

なでしこ企業100宣言プログラム「女性社員研修」に参加してみて、印象に残っている言葉は?

自分の「弱み」に目を向けるのではなく「強み」にフォーカスすることや、見方を変えてみると「弱み」が「強み」に変わるという“リフレーミング”が印象的でした。まずは自分の課題だと思う点からやってみようと試みています。

なでしこ企業100宣言プログラム「女性社員研修」に参加してみて大きな変化はありましたか?

研修で学んだ「口角をあげる」ということを意識しています。まだ大きな変化には至ってませんが、周りから話しかけられやすい人、頼られる人になりたいと思っています。

女性の力を活かしてやってみたいことや、将来の夢を聞かせてください。

男性では気がつかない、女性目線で考えたトイレットペーパーの新商品提案をしたいと思っています。将来的には、流行や情報に敏感な若い社員がもっと増え、新しい視点を取り入れた商品のラインナップを充実させたいです。プライベートの夢は、フィンランドに行ってこの目でオーロラを見ること。世界観が変わるのでは…と楽しみです。

このページのトップへ