寺田 真未さん
日研フード株式会社
品質保証部 品質管理課
●勤続年数/4年
●事業内容/天然調味料、健康志向食品の開発・製造
●所在地/袋井市春岡723-1
●従業員数/246名(女性76名)

趣味はスポーツ観戦。
特にプロ野球が好きで、
球場に観に行くのが楽しみ。

人に伝えられなければ、何も変わらない

寺田さんのお仕事内容をお聞かせください。

調味料の原材料となる食品の安全性を分析する業務や、お客様へ提示する調味料成分データ、たとえば塩分や栄養成分分析、カテキン、ビタミンCの測定などを行っています。安定した分析精度を保つことが大変で、ここでOKが出せないと出荷できないという緊張感のある仕事ですが、会社の信頼度を担うやりがい感のある仕事です。

この仕事を選んだ理由と入社の決め手となったところは?

写真1

もともと食べることが好きで、食に携わる仕事がしたいと思っていた高校生のとき、ニュースで見た食中毒事件がきっかけで、食の安全性に関心を持ちました。大学は食品関係の学部に進学、就職活動も食の品質に携わる仕事を志望していて、「自分の子どもに安心して食べさせられる商品をお客様に提供する」という企業理念に共感し、入社を決めました。

なでしこ企業100宣言プログラム「女性社員研修」に参加してみて、大きな変化はありましたか?

今年で入社5年目、あらためて今後のキャリアプランを立てるのに良い機会だと思い、研修への参加を決めました。研修では、自分の意見をしっかり持っている他社の女性社員から刺激を受け、「人に伝えなければ、何も変わらない。もっと積極的になろう」と思うようになりました。それまでは、人の目を気にして自分の意見を言わないことが多かったのですが、相手の意見を受止め、言葉を選びながらもきちんと言うことを意識しています。気がついたことがあれば、悪い情報ほど上司に先に伝えるようになりました。

これからの夢はどんなことですか?

品質管理の部署は専門性が問われるため、誰もが簡単に代われるという仕事ではありません。そのため、どんな分析業務でも対応できる「マルチスペシャリスト」になりたいと思っています。また、弊社でも育児をしながら働く女性が増えてきております。急に子どもが熱を出した時など気兼ねなく休めるように、今後は育児社員のフォローもしていきたいです。

このページのトップへ