溝口 桃子さん
株式会社生駒化学工業 東海工場
製造一課 印刷ラベルグループ
●勤続年数/3年
●事業内容/プラスチック容器製造
●所在地/菊川市赤土2013-2
●従業員数/134名(女性58名)

週2回のバスケットボールで心も体もリフレッシュ

心のゆとりは、自分と違う考え方を知ることから始まる

溝口さんのお仕事内容をお聞かせください。

弊社はドリンク・ヨーグルトなどの食品のプラスチック容器を製造している会社です。作業標準書に照らし合わせ、絵や表示一覧の細かい文字などが印刷された製品に不具合がないか、印刷の最終工程の検査をするのが私の仕事です。クレームにならないよう細かくチェックするので根気のいる仕事ですが、コンビニやスーパーなど身近なところで、私が携わった商品が並べられているのを見ると嬉しくなり、やりがいを感じます。

なでしこ企業100宣言プログラム「女性社員研修」に参加したきっかけは?

写真1

上司から勧められたのがきっかけですが、ずっと社内にいる仕事なので、社会勉強になるいい機会だと思って参加しました。研修で会うたびにお互いの話をする他社の女性社員と親しくなり、研修が終わったあと絵はがきをいただいた方がいます。メールではなくお手紙というのが嬉しかったですし、年齢が離れている社外の方と交流できて、スキルアップだけでなく人間力を高める機会になりました。

「女性社員研修」に参加したことで、自分で変わったなと思うことはどんなことですか?

伝える力「アサーティブ」の研修で“自分の気持ちや意見を、相手の権利を侵害することなく”表現することを学び、何か言う前に「この人は今何を考えているのか」を一旦考えるようになったら、今まで仕事でぶつかっていた方や後輩への意識が変わりました。また、研修のグループワークでいろんな方と意見交換したことで、自分の考え方とは違う考え方があることをあらためて学び、心のゆとりができました。今でも、時々研修でいただいたテキストを開いて、勉強したことを思い返しています。

女性が活躍するために、あなた自身がやりたいことはどんなことですか?

今までは“機械を扱う仕事は男性”という風土がありましたが、4月から印刷機のオペレーターの仕事も携わるようになりました。早く仕事を覚えて女性オペレーターを増やしたいと思います。また、他の女性社員にも私のように社外の方と交流できる研修に参加して、いろんな考え方があることを知ってほしいです。

これからの夢はどんなことですか?

研修に参加する前は、夢や目標など何もなかったのですが、同じ研修に参加された方の目標を聴いて「小さいことでもいいから目標を持った生活を送りたい」それが今の私の夢です。思っただけでなく、言葉や文字にしようと思います。まずは、自分で料理を作れるようになりたい。

このページのトップへ