長倉 新吾さん
加和太建設株式会社
コーポレートデザイン部 経営管理グループ グループ長
●管理職経験年数/3年
●事業内容/建設業、不動産業
●所在地/三島市文教町1-5-15
●従業員数/140名(女性35名)

「忙しくないふり」でいつでも聴ける態勢をとる
家族旅行は車派。出雲まで行ったことも。

「常に変えていく」意識を持ち 積極的に改善を

御社の事業内容を教えてください。

建設、土木、不動産業を柱に、暮らしに密着した場面で技術とサービスを提供し「街をプロデュースする」事業を展開しています。大社の杜みしまの企画・運営や伊豆経済新聞も当社の事業で、既存事業の枠にとらわ れず常に新しい事にチャレンジしています。
私が所属するコーポレートデザイン部は、総務、経理、人事、広報などを担当する管理部門ですが「変化を積極的に作り出す」ことを常に考え、制度改善や新しい企業文化作りに取り組んでいます。

特に女性が活躍している部署や分野など、詳しく教えてください。

写真1

当社は「女性だから」と言って仕事を区別することはありませんが、たまたま現在の部署は、私以外は全員女性です。管理部門にとってのお客様は自社の社員ですから、社員が働きやすい、相談しやすい環境作りを意識してほしいと話していますが、彼女たちは細やかな気遣いと笑顔の応対で頑張ってくれています。社員からの評判も良く、こういった所は女性の適性を生かしていると言えるかもしれません。

働きやすい環境を作るために、工夫している点は?

毎月必ず「業務改善報告」を提出してもらい、何をどのくらい改善したのか、目に見える形で整理してもらっています。仕事をただの作業にせず、常に「考えて」取り組むことが必要だと思うからです。これを職場内で 共有するので、他のメンバーへの刺激にもなり、個々の頑張りをきちんと評価することもできます。
私自身転職を経験し、その会社でしか通用しない「ローカル・ルール」に縛られない大切さを実感してきました。申請書の様式など、たとえ小さなことだと思っても「当たり前」を少し見直してみるだけでずいぶん改善されることがあります。業務の担当が誰に変わっても滞らないような仕組み作りや子育て世代を重視した家族手当の導入など、取り組みたいことはまだたくさんありますね。

なでしこ企業100宣言プログラム「管理職向け研修」に参加後、変化したことは?

普段から相談・報告しやすい雰囲気作りに心がけ、コミュニケーションをとる努力をしています。加えて毎月1回、個別面談も始めました。正直、最初は「ここまでやる必要があるのか」とも思ったのですが、一人ひとりと話すことで、問題にも迅速に対処できます。実は部下には「もっとできる」と期待しているところもあり、今後はその思いを私から積極的に伝えていこうと考えています。

このページのトップへ