松永 奈保さん
株式会社新丸正
開発・品質保証部
●勤続年数/4年
●事業内容/水産加工業
●所在地/焼津市三和1384‐1
●従業員数/82名(女性45名)

鰹節は奥が深い!
知らないことが多すぎる鰹節への探求心はとどまらない。

確かな品質を保つため、伝統製法に挑む日々

松永さんのお仕事内容をお聞かせください。

弊社は、生の鰹から鰹節をつくり、業務用・メーカー用・ご家庭用の削り節やダシ、鰹を活かした食品を製造販売している会社です。製品がきちんと作られているか、日々チェックする品質管理の仕事と、お客様に提出する製品規定書の作成や表示内容に誤りがないか等の確認を行っています。また、お客様からのお問合せやクレーム対応、そして数か月前から商品開発にも携わり始めました。

この仕事のやりがいを感じるところはどんなところですか?

写真1

製品規格書は、お客様からタイトなスケジュールで要求されることが多いです。しかし内容の間違いは許されないので気が抜けません。なんとか間に合って営業部から「助かりました!」と感謝されるとやりがいを感じます。また、弊社は生の鰹から鰹節を作るところと、それを加工して様々な商品にするところまで一貫生産の会社なので、色々な商品展開の可能性を感じています。

「女性社員研修」に参加してみて大きな変化はどんなことですか?

開発・品質保証は製造、営業、お客様と、色々な立場の方と接する仕事です。情報の伝え方ひとつで誤解が生じることがあるので、コミュニケーション力をアップしたいと思って参加しました。アサーティブという伝え方の中で学んだ「自分に対して誠実に」という視点は、私にとってとても新鮮でした。自分がイライラしているのは何故か。事実・感情・要求で整理してみると、何に困っているのか、その原因は自分が曖昧な伝え方のせいなのでは、とか。客観的に整理できることで、イライラすることが減りました。

女性が活躍するために松永さん自身がやりたいことや会社への要望は?

女性は体調の変化もあり、周りの理解と協力がないと成り立たないと思います。ちょっとずつでいいから、支え合う余裕のある雰囲気の会社にしたいです。だからこそ、人に仕事がつくのではなく、ワークシェアリングを計画的に行い、お互い様の気持ちで、同僚が休む時は快く受け入れるようにしています。また、私個人としては、開発と品質管理が連携し、安定した製品が供給できるように、製品の特性を覚えて品質管理に役立てていきたいです。

このページのトップへ