井上 麻紀さん
有限会社伊豆介護センター
施設介護事業部 介護職
●勤続年数/5年
●事業内容/介護サービス提供
●所在地/伊東市音無町5-6
●従業員数/324名(女性256名)

車に自転車を積んで県外の街を旅するのが楽しみ。
伊東を拠点にして47都道府県を制覇したい。

介護は究極のサービス業

お仕事内容をお聞かせください。

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)クラシオンに入居されている方の24時間の暮らしすべてを介護する仕事です。私の担当は2階の個室9部屋の方達で、料理や洗濯などを一緒にやったり、リビングで過ごしたり、お出掛けしたりする毎日の生活の中でちょっとでも気になったことは、とことん介護のプロとして関わっています。

この仕事を選んだきっかけを教えてください。

写真1

以前コールセンターの仕事をしていた時に、電話でお話する高齢者の方々にヘルパーの必要性を感じていました。5年前、夫の実家がある伊東に県外から転居してきたのですが、コールセンターでのことを思い出し、「その人のために」という思いで働ける介護職に就きたい!と、この業界に飛び込みました。

この仕事のやりがいを教えてください。

ウエディングプランナーの助手やリゾートホテルなど、いろんな接客サービス業を経験したからこそわかった事は、介護は「究極のサービス業」だということです。今までの仕事は、提供する物や商品があった上でのサービスでしたが、介護の仕事は「自分自身の介護力」が商品となるサービスで、どう深く関われるかにかかっています。お相手から必要とされる実感が一番持てる仕事です。

なでしこ企業100宣言プログラム「女性社員研修」に参加して、大きな変化はどんなことですか?

研修は、毎回いろんな業種の方と話ができるのが楽しみでした。話す・書くなど言葉にすることで「介護福祉士としてずっとやっていきたい!」という思いが明確になりました。そして、夢はどんどん実現させるものだと思うようになりました。

具体的にこれからの夢をお聞かせください。

「いずれ…」と思っていた資格を「積極的にどんどん取る」という目標に変え、早速介護福祉士のファーストステップ研修に参加しています。介護という仕事は、その人らしく、楽しく生きる事を助ける仕事だと思います。利用者も職場の仲間も私も、みんながその人らしく活き活きと毎日を送れるように頑張りたいです。そして、高齢者になってもこの介護職に関わっていたいです。

このページのトップへ