川口 賢子さん
フジ物産株式会社
総務部・総務課
●管理職経験年数/9年
●事業内容/漁業用餌料、冷凍水産食品販売、石油販売、太陽光発電、鰻の養殖・加工販売等
●所在地/静岡市清水区大坪2-5-32
●従業員数/120名(女性16名)

3年後の夢シートには「赤のアウディ」も描きました、と笑顔で語る川口さん

目標を描いて発表したら、毎日仕事が楽しい。

川口さんのお仕事内容をお聞かせください。

弊社はマグロ餌料・船舶燃油類の事業や、冷凍水産食品などの販売や鮪の養殖・加工販売、そしてガソリンスタンド経営や太陽光発電事業など、多岐に渡って事業展開しているため、日本国内だけでなく海外にも拠点があります。私は本社の総務として、社会保険などの入退者の手続きや事務用品の調達の他、各拠点に出向き社員が働きやすくなるための情報収集と情報発信、社長秘書的な仕事をしています。

なでしこ企業100宣言プログラム「女性社員研修」に参加してみて、大きな変化はどんなことですか?

写真1

各拠点に出向き、社員が普段言えずにいる要望をヒアリングする個別面談を2年ほど前から担当しています。研修で学んだ傾聴スキルの頷きや相槌をさっそく実践してみたところ、今まで30分ほどで終わってしまった面談が1時間以上になり、本音の要望がいろいろ出てきました。その内容を社長へ報告したところ拠点の環境が改善されました。元々世話好きなところがあったので、全拠点の社員一人ひとりとコミュニケーションが取れて、今はとても楽しいです。そして、研修に出るたびに社外の女性社員から刺激ももらうので、社長から「研修に参加し始めてから楽しそうね」と言われています。

女性社員が活躍するために、あなた自身がやりたいことはありますか?

先月、社長が発起人となり、全国の拠点から女性社員を集めて“深くぶっちゃける”女子会「FB優美会」という社内イベントが行われ、私は進行役を任されました。グループディスカッションの経験のないメンバーが発言しやすいように、「私はこんな意見を持っているけど、○○さんどう?」と話を振ってみると、男性社員では思いつかない発想や気づかない改善点など、とても活発な意見が出てきました。違う視点で意見を言うことの大事さを知ったので、研修で学んだアサーティブというスキルを使いながら、上手に主張していきたいです。

川口さんのこれからの夢はどんなことですか?

研修を受けるまでは“私なんか無理”“できなかったら恥ずかしい”と、自分にブレーキをかけていて夢なんて考えたことがなかったのですが、“4つの視点で3年後の目標を描き・発表する”ワークを通して、仕事やプライベートでやりたいことが明確になってきました。“夢シート”に描いた「韓流ドラマを字幕なしで観る」を実現するために、さっそく通勤の車中でハングル語の勉強をしています。仕事やプライベートの目標がはっきりしてきて、毎日が楽しいです。

このページのトップへ