古橋 祐子さん
株式会社うなぎパイ本舗
(有限会社春華堂)
総務部
●勤続年数/22年
●事業内容/お菓子の製造・販売
●所在地/浜松市中区神田町553
●従業員数/458名(女性297名)

小6年、小3年の2児の母。
会社で起きた楽しいこと、面白いことを毎日子どもたちに話をするという古橋さん。

深く悩む前に、気軽に相談にのれる人になりたい

古橋さんのお仕事内容をお聞かせください。

うなぎパイファクトリーがある大久保工場の総務として、事務所の受付対応、人事採用の手続き、教育訓練、労務管理など、幅広い業務に携わっています。

この仕事のやりがいを感じるところは?

写真1

2人目の育休明けの配属先が総務で、制度や法律など覚えることが多く、当初は大変でした。残業免除の制度利用を上司が勧めてくれたり、1歳の娘の保育園からは頻繁に呼び出しがあっても母や姉の協力のもと仕事を優先できたり、周りの方の手助けで救われてきましたので、逆に「私が手助けできることはないか」「みんなとコミュニケーションをとることで何かできるのでは」という意識が常にあります。いろんな方から依頼された事をやれる事が楽しくて仕方がない、そして社員全員のことがわかるところにやりがいを感じています。

なでしこ企業100宣言プログラム「女性社員研修」に参加してみて、印象に残っていることはありますか?

人前で話をするのがとても苦手な私にとって、緊張せず話が出来る周りの方々に影響を受けました。また、「自分の会社を大切に思っている」「上司が素敵」などの話を聞いて、私自身もそう思っていることに気づき、もっと何か手助けできることはないかを考えるようになりました。

なでしこ企業100宣言プログラム「女性社員研修」に参加してみて、大きな変化はどんなことですか?

皆を巻き込んで提案していかなければ、社内や自分自身にも変化はないということに気づかされました。総務主導で定期的に全員の個別面談を実施しているのですが、新人さんから社歴の長い方まで、みんなの声を拾い、改善につなげようという気持ちが強くなりました。自分なりに面談の際の聴き方を工夫した結果、今まで何も話さなかった方が自分の目標を話してくれて、嬉しかったです。

これからの夢はどんなことですか?

1つは、子育てや介護をしながら働ける、働きやすい環境を整えていくこと。例えば時短制度の見直しや柔軟な対応ができるようにしたいです。2つ目は、社歴も長く仕事ができる方が家庭の事情で離職されるたびに勿体ないと感じているので、深く悩む前に相談にのれる人になれるよう、メンタルヘルスの勉強もしたいと思っています。どのメンバーも満足して働ける会社にしたい、家庭と会社どちらも大切にしていきたいです。

このページのトップへ