静岡・名古屋のアパレルショップのバイト特集|【ドーモ】DOMO

静岡・名古屋のアパレルショップのバイト特集

おしゃれが好き!のキモチを仕事に アパレル販売・ショップ店員の求人特集

アパレルの仕事って?

アパレル販売はショップでの接客がメイン。お客様と会話を交わしながらファッションのアドバイスやコーディネート提案、おすすめ商品の紹介をしていきます。レジ・商品管理・ディスプレイ・店内清掃などの業務もあり、お客様に気持ち良くお買い物を楽しんでいただくことがやりがいになる仕事です。

  • 働くメリット
    最新のファッション情報にふれながら、洋服やコーディネートの知識を増やしていくことができます。また、取扱いブランドの人気商品を早く、安く手に入れられることもあります。接客のコミュニケーションスキルは、他業界でも役に立つでしょう。
  • 職場環境
    職場のスタッフには同世代が多く、刺激を受けやすい環境です。自店の取扱いブランドを身に着けることが基本ですので、自分のイメージに合っているかも重要。長時間の立ち仕事になりますが、続けていくうちに慣れたという人も多いようです。
  • こんな人に
    特別な資格は必要ありませんが、ファッションやトレンドに興味がある人に向いています。お客様の好みを聞き出しながら分かりやすい商品・コーディネート説明をするコミュニケーション能力、ディスプレイや包装への気配りも大切です。

アパレル経験者に聞きました

仕事の楽しさは7割以上の人が「お客さんに喜ばれること」と回答しました。
続いて「良い仲間と楽しく働けること」も半数近く。
勤務先選びでも、職場の人間関係に注目する人が多いようです。
「好きなブランドかどうか」も半数以上の人が重視するポイントに挙げています。

  • あなたがアパレルの店頭で働いていて、
    うれしい、楽しいと思うことはなんですか?(いくつでも)
  • うれしい、楽しいと思うことのグラフ
  • 接客の仕事の最大の喜びは、やっぱりお客さんに喜ばれること。
    「良い仲間と楽しく働けること」が、働くうえでの喜びとしてあげられるのも注目ですが、
    「自分のコーディネートをほめられたこと」がポイントになるのは、アパレルならでは!
  • あなたがアパレルの店頭で、
    働く先を選ぶ際に重視することはなんですか?(いくつでも)
  • 働く先を選ぶ際に重視することのグラフ
  • 「勤務地」と「給与・賞与」が同率で1位に。
    続いて「ノルマ」「同僚の人間関係の良さ」がランクイン。
    僅差で「好きなブランドかどうか」が重視されているのは、アパレルならではのポイント!
  • アパレルの店頭で働いていて、
    お客さんに言われて一番うれしかった言葉を教えてください。
  • 一番うれしかった言葉の画像
  • おススメしたコーディネートで購入してもらえたり、
    あなたと同じようにしたい、と言ってもらえたり、
    ほとんどの人がお客さんから自分を認めてもらえるような
    言葉をかけてもらったことがあるようです。これはやっぱり、うれしい!

体験談

  • 体験談イメージ

    久保田さん
    (20代男性)
    「せっかくなら親しみのあるブランドで」と考えて、学生時代によく着ていたファストファッションのお店で働いていました。商品の入れ替わりが早いためか、接客以外の作業も想像していたより多かったですね。常に最新のファッションに囲まれた中で、アパレル業界事情などもよく分かり、勉強になりました。
  • 体験談イメージ

    清水さん
    (20代女性)
    勤務初日、お客様に声をかける時はさすがに緊張しました。アドバイスがほしいのか、一人でゆっくり見たいのか、見極めるのも難しいのですが、経験を積んでいくうちにだんだん楽しくなってきました。先輩のマネから始めるのもいいかもしれません。ショップの服を安く購入できる割引制度もよく利用しています。
  • 体験談イメージ

    望月さん
    (20代女性)
    お客様に提案したコーディネートを気に入っていただき、次回の来店時にも相談されたりするとうれしいですね。立ちっぱなしは確かに大変ですが、顔なじみのお客様が増え、会話が弾むようになると気にならなくなりました。週末や連休にお休みを取りにくい分、平日は先に希望を伝えておくと考慮してもらえます。

面接のコツ

  • 「好き」以上の動機を
    もちろん、そのショップやブランドで働きたいという熱意が大切です。さらに、「好き」だけで終わらず、来店されるお客様のイメージや、お客様に合わせたコミュニケーションの取り方など、接客での対応力もアピールしましょう。
  • お店のイメージに合う服で
    ファッションへの興味を示しつつも、奇抜で個性的すぎるものは避け、そのショップやブランドのイメージに近い服装で臨む方が無難です。実際に購入したものがあれば、コーディネートにさりげなく取り入れてみてもいいでしょう。
  • 笑顔で元気よく
    接客では、お客様の好みや要望をきちんと理解することが基本。面接でも相手の質問にしっかりと耳を傾けて、笑顔で元気よく答えましょう。気持ちのよい挨拶、明るい表情、声の大きさなどは面接官がチェックする重要なポイントです。

このページのトップへ